iPhoneのバッテリ稼働時間を長くする

  • iPhoneが幼児教育に与える影響について

    • iPhoneが持つ可能性は、子供の教育面まで影響を及ぼすでしょう。
      見る、聞く、触る、アクションを起こす、など幼児にとって非常に刺激的なコンテンツが作成できるようになっているので、幼児教育に向けたアプリが多数発表されています。



      そういったアプリを幼児に与えると、いつの間に上手に使いこなしているのが確認できると思います。



      子供の適応能力は大人以上のものを持っているのでしょう。幼児が成長していく上で、様々な刺激が必要になりますが、iPhoneもそういった刺激の1つになるのではないでしょうか。

      叩いて楽しい音が出るアプリや、自在に指でお絵かきできるアプリ、絵本などのアプリなど様々なジャンルのものが幼児向けに発表されています。



      用事は非常におもちゃが大好きですが、iPhoneもおもちゃの代わりに利用することが可能になっています。



      ただ注意したいのは使いすぎることです。



      ディスプレーの光を、長時間見る事は、テレビを長時間見ると目に影響がある事と同じように、幼児の目にとって、影響があるものなので、長い時間iPhoneで遊ばせのはやめたほうが良いでしょう。



      またiPhoneを与えすぎて、子供とのコミュニケーションが少なくなってしまっては問題があるのでご注意ください。



      子供と親が、ルールを決めて遊ぶことで、幼児にルールを守るという事を、教育することにもなります。



      親としてしっかりと子供を見守りながら、愛情を込めて使用することが大切です。

  • 関連リンク

    • 従来の携帯電話を使っていた際に多くの人が経験し、悩みのタネの一つとなっていたのがデータのバックアップです。電話帳や写真などのデータを携帯電話で管理している人は大勢いましたが多くの人がバックアップを取っておらず、またとっていたとしてもデータの一部をマイクロSDカードに保存し本体に挿しっぱなしという人がほとんどでした。...

    • 私たちの生活を便利に支えてくれるスマートフォンは数多くのデータを詰め込むこととなり、情報の宝庫であると言っても過言ではありません。アドレス帳や写真データといった個人情報の管理をスマートフォンで行っている人は数多くいますし、家計簿データやライフログ、ドキュメントデータや音楽ファイルに電子書籍データなどあらゆるデータを専用アプリで便利に利用できるのがスマートフォンの強みだといえるでしょう。...